脊柱や椎骨、いわゆる背骨の構造など

骨でいちばん重要な部位である背骨の部分を
簡単ではございますが解説させていただきます。

 

背骨がS字カーブを描く理由とは?

背骨と一口に言っても、その数はこれだけあります
・頚椎が7個
・胸椎は12個
・腰椎は5個
・仙骨1個
・尾てい骨1個

これらが連結して背骨を形成している。

 

背骨がどうしてS字カーブを描いているのかというと
頭の重さをバランスよく分散することと
身体のバランスもとっているためです。

 

また運動時にジャンプしたりする衝撃を
股関節などと連携し、分散している。

 

首や肩の肩甲骨の間を触ると、丸くゴツゴツと
した部分が手で確認できると思います.

 

これは棘突起といい、頚椎、胸椎、腰椎まであります
この棘突起、そしてそれを支える椎弓が
奥にある神経を守ってくれている。

 

これは背骨側の骨ですが、お腹側の骨には
椎体という背骨があります
この椎体と棘突起そして椎弓の奥に空洞があり
そこに脳から伸びる神経、脊髄が詰まっているのです。

 

近年急増傾向にあるある2つの病

椎体と椎体の間には椎間板というジェル状の板がある
これによって椎体同士が削れるのを防いだり
上下の衝撃を吸収したりしてくれている。

 

よく耳にすることがある椎間板ヘルニアというのは
椎間板が神経の詰まっている部分にぎゅっと
入り込んできて、神経を圧迫している状態をいいます。

 

神経を圧迫しているため、痛みが出たり強いしびれが
長い時間続く
、という症状が出たりする

 

この他にも腰部脊柱管狭窄症という腰の病気も
近年高齢者が多く患っている病の一つです
これは加齢が大きく関係しているが、それ以外にも
長年の悪い姿勢をしてきた結果、身体自体が歪み
骨が変形してしまう事がある。

 

骨が変形し、神経の近くに棘のような骨が出てくる
そしてその骨が神経に触れたり、当たった状態が
続いてしまうことで、椎間板ヘルニア同様
しびれや痛みが出てくる。

 

近年骨を削り取るような手術が日帰りで受けられるように
なり、そのおかげで症状が劇的に変化したという人も
テレビで放送されたりしています。

 

背骨は身体の要なので、大切にしていきたいですね
上記2つの病というのは、腰痛があっても我慢して
発症したというケースもあるので、そうならないために
どういう対策をすればいいのか?
ということも、このサイトで記していければと思います
ひとまずここで終了とさせていただく・・・

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加