関節について、腕や脚を自由に動かす部位

身体の四肢を動かすにあたり、重要な部位が関節
関節は2個以上の骨が連結している
この関節ってどういう風になっているのか?

 

関節の部分は様々な膜や液で覆われている

ただ関節だけがついていて、体を動かしている
骨を滑らかに動かすことができません
すり減って痛みが生じていく。

 

そうならないために、関節のを作る骨の先には
関節軟骨といって関節を守ってくれる軟骨がある。

 

更に関節液と滑膜があり
・関節液は関節軟骨に栄養を供給する
・滑膜は軟骨と軟骨の間にあり、潤滑油の
 役割を果たしている滑液を出している

 

これらがすり減ってくることで生じる疾患が
・変形性膝関節症
・変形性肩関節症
・変形性股関節症

などがあります。

 

また、関節には不動関節や可動関節というものがあり
・不動関節はほぼ動きのない関節
・可動関節は、肩関節や肘の関節のように動きのある関節

次に関節の接合の種類について

 

関節の接合にも種類がある

・臼状関節
主に股関節の事を言います、股関節に深く入り込み
自由に足を動かすことが出来る

 

・蝶番関節
肘の関節や膝関節の事を言います
1方向にしか動かすことができません。

 

・車軸関節
肘の上腕尺関節のことをいいます
これも1方向にしか動かせない。

 

・楕円関節
手首の関節のことを言います
左右の動きは小さく、上下の動きは可動が大きい

 

・車軸関節
これも肘の部位にある関節

 

・球関節
肩関節や多軸関節のことを言います
半球状の関節頭と関節窩(か)の組み合わせで
可動域は人体で一番大きい、その分
関節頭が関節窩を覆っているわけではないので
関節が外れやすい部位でもある

 

・鞍関節
親指の手根中手関節や足根中足関節のことを言います
動きは小さいが前後左右に動く

 

・平面関節
椎間関節のことを言い、関節面が平面に近く
動きはわずか

 

・不動関節
頭蓋骨のことを言いますが、頭蓋骨は
つるつるの1つの骨のみに思われがちですが
なんと23個の骨が結合して出来上がっているのです。

 

関節と言っても様々なものがあり
体を動かしているということですね。

 

 

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加